シルテ

「タルーブル伯シルテ、女王の同盟者としてお力添えを致します・・・臣下としてお仕えはできかねますので、お間違いなきよう」
画像を表示
○名前:シルテ

○能力値
・戦闘力: 20…  0P+10(ベース)- 15(策士)+ 25(魔器所持)
・戦 術: 50…  0P+10(ベース)+ 40(策士)
・魅 力: 40…  5P+10(ベース)+ 25(カリスマ)
・幸 運: 10… 10P

○所持技能
 ・策士
 ・カリスマ
 ・戦術成長
 ・魔器所持
 ・処女

○修正値
・士気増減値
 勝利時: +8 (魅力40×勝利時20%)
 敗北時: -4 (魅力40×勝利時10%)
・捕縛率
 勝利時:  5% …{(基本20-幸運10 ×2)-処女10 }%  (最高90%、最低5%)
 敗北時: 10% …{(基本30-幸運10 )-処女10 }%  (最高90%、最低5%)
・再起不能率    : 50% …(基本20+魅力40 -幸運10 )%  (最低10%)
・復帰率    : 20% …(基本20+幸運10 -技能10(カリスマ)))% (最低10%)

○戦闘方針:勇敢

○設定: 王家が弱く、諸侯たちが割拠抗争している隣国の一領主で、現在忠誠の対象を持たない独立伯爵。
    ユニカンが滅んだら帝国の次の侵攻先になる恐れがあるので、手勢の一部を率いて援軍に来た。
    正直内政干渉さえなければ帝国に臣従しても良かったが、
    接触してみたらあまりに高圧的だったため一撃いれておくことにした、というのは内緒。

○外見: 公称16歳だが年齢詐称を疑われる、華奢で色々小さい体型。ひくいうすいほそい。
    人前では機嫌悪げな仏頂面で通しているが、これは足りない威厳をカバーしているつもり。
    演技が完璧すぎて、服を変えて表情を抑えないだけで
    お忍びで外に出ても全然バレないのは密かな誇り。
    そんなこととは露知らぬある敵いわく「ガキの時分に身長と愛想を戦の女神の贄にして、ご加護をもらったんだろうよ」  事実無根です。
    wiz的に言うとロードではなくビショップなので、鎧は着ていない。

○戦場では: 策士とされているが、謀略や奇計は滅多に使わないし、ひっかけられもしない。
      他国に比して均質で集団行動を取りやすい軍勢と、指揮官に徹する家訓が
      普通の国とは異質で目立つために評判になっただけである。
      なお個人戦闘力は低いが、身につけているものほぼ全てが金で手に入る最高級の防具であり、
      単品の魔器にならひけをとらない能力増幅を実現。

○貴族として: 武将の家系として由緒あるフォルノボス家の現当主にして、
       タラーブルの地を伯爵として世襲統治している貴族。
       生まれて間もなく修道院に預けられていたが、数年前に疫病で一族が全滅したために位を継いだ。
       その際、近隣の宗教勢力を名目上支配する司教にも就任・・・というか教会組織を乗っ取っている。
       加えて先代が攻め取った隣の州も統治しているため、
       正式に名乗ると「タラーブル伯・マフディエ伯およびタラーブル司教
       シルテ・グリゼルダ・ディ・フォルノボス」と長くなる。

○領国と軍勢:
 歴史的な経緯により、領内には騎士を輩出するべき中小領主─とそれの所有する荘園と農奴─がほとんど存在しない。
 そのため普通は最強の兵である騎士(数は少ない)と、最低の兵である徴募された農奴・貧民(数だけは多い)が
 ともにごく僅かしか召集できない。
 代わりに軍の中核を成すのは、自由農民や都市住民から成る「雑兵よりは重装」な歩兵と
 「騎士よりは軽装」な騎兵であり、それらが集団行動に徹するために崩れにくく地味に粘り強い。

○プレイヤー名:NIKKA



  • 最終更新:2011-04-02 07:36:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード